2008年7月26日土曜日

トレード日誌

アメリカはいろいろありますがとりあえず欧州決算。
ソシエテとかは8月に入ってからだったと思います。
だから来週はポンスイのショート。これ、はずせません。
どう考えても織り込んでないでしょ。
7/31HBOS決算発表。ドイチェもこの日でしたよね。
ユーロはどうなんでしょ。
スペインなんかはかなり住宅が悲惨ですがドイツがよければ上げますから。
ユロポンのロングも建てておきましょうか。
こいつは今なら塩漬けてもかなりの確率でプラス決済できると思います。

ユロキウLの分解はやっぱりメジャーなユロドルLとキウイ円Sが無難でしょうか。
ちょうど長期口座が身軽なのでそっちで。
2対1の割合で建てればスワップが気になりません。
ポジ建てるときは、これは完璧だって思うんですけどねぇ。長期は失敗すること多々。
でもあえて、これはいけそうだぞ!
ユーロの金利ではなく景気に目が行きだすとアウト。
まぁ短期ではドル円をショートするのでそれがヘッジでしょう。
場合によってはユロ円を売りますし。

4 件のコメント:

ちばはむ さんのコメント...

欧州の決算は怖いです。
しかし、これまでは警戒していたものの、全くものともしない内容で、上乗せの反動が怖い半面、全く関係ないんじゃないかと言う気もします。あふん♪

で、ユーロ↑+キウイ↓の予想のもとで色々考えてみましたが、
1.EUR/NZD L
2.EUR/TRY S +EUR/NZD L
3.EUR/USD L +NZD/CAD S
4.EUR/NZD L +EUR/USD L
くらいしか思いつきませんでした。

本命は1です。対円で考えた場合、EURは維持(緩やかな減少)、NZDは大幅な下落を見ています。そこで、円をまたがない場合の底の通貨の影響が大きくなるので、下手にスプレッドのコストなどを気にせずに済むわけですね。
ただ、毎日のマイスワは確かにきついので3と4もアリ。3はユーロへの負担を軽減、4はユーロ強が前提の代物です。AUD絡みのパターンも考えましたが、あまりにもNZDとAUDが似ているので見送りました。
今のところ、EUR/TRY(S)+EUR/USD(L)に勝る組み合わせはありません。

よっくん さんのコメント...

考えているのが半年から1年くらいが目処です。その間でユロドルが1.5を割って暴落していくような状況の時ユーロ独歩安というのは考えにくいです。その場合はたぶん円独歩高かなぁとこの組み合わせに落ち着いたのです。あくまで差益が目的なので単純に1年以内の金利見通しに絞りました。
アメリカはあと1回利下げ。
ユーロはあと1回利上げ。
NZは何回か利下げ。
日本は政治が糞だからもしかしたら間違えて利上げしてしまうかもしれない。
それにしてもカニさんには全く興味が...。
アメリカのレパトリがらみでしかおいしい思いができないのかもw

ちばはむ さんのコメント...

白川さんなら大丈夫じゃね?
日本は景気回復時にロケットダッシュをかませる可能性が一番高いところ。
そういう意味では利上げが一番早いと思います。

アメリカはよく分からなくなりました。

よっくん さんのコメント...

日本はタイミングですね。
今の状況で利上げされたら死にます。
見誤らないで欲しいものです。